地震が起きたら

更新日:2019年02月27日

地震が起きたら

1. まず身の安全の確保

家具などが倒れたり落下物の危険があります。

机の下などに急いでもぐり込み、身の安全を確保しましょう。

激しい揺れで動けない場合は、手近なふとんや座ぶとんで頭を保護します。

机の下へ

2. すばやく火の始末

すぐに火が消せる場合は火の始末を。

余裕がなければ無理をせずに身の安全を確保し、揺れの合間を見て火の始末をする。

ガス器具やストーブの火を消し電気器具はプラグを抜く。

火を消す

3. 非常脱出口を確保する

地震の揺れによって建物がゆがみ、出入口が開かなくなることがあります。

ドアを開けて逃げ口を確保しておく。

特に中高層住宅では注意。

非常口

4. 火が出たらすぐ消火を

天井に燃え移る前ならば、初期消火が可能です。

「火事だ!」と大声で叫び、隣近所にも協力を求め消火に努めましょう。

消火

5. 外へ逃げるときはあわてずに

瓦や窓ガラスの落下の危険があるのでむやみに外に飛び出さない。

家屋の倒壊や火災の危険がある場合は、落下物に注意して避難する。  

落ち着いて
この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
電話番号:0597-46-3114
ファックス:0597-47-5909

総務室
電話番号:0597-32-3901
ファックス:0597-32-2331

メールフォームによるお問い合わせ