地域おこし協力隊募集

募集人員

紀北町移住定住コーディネーター 1名

  • 移住相談窓口の開設、運営
  • 空き家バンクの管理運営
  • 生活、就職等についての情報提供と支援
  • 紀北町の暮らしや仕事を体験できるイベントの企画立案と実施
  • 紀北町の暮らしの魅力について、SNS,Youtube 等を用いた情報発信

>>詳しくはこちら

町民と町出身者をつなぐコミュニティマネージャー 1名

【業務概要】

  • Facebookグループを活用した「町民と町出身者をつなぐオンラインコミュニティ」の運営(コミュニティマネージャー)
  • SNS(Twitter、Instagram、note、公式LINE)の運用
  • 若年層Uターン促進となるコンテンツや支援施策の企画、制作、実施
  • 町と都市部で暮らす町出身者等のネットワークづくり
  • その他、テーマに対する取り組みのために発生する業務

>>詳しくはこちら

応募資格

  • 次のいずれかに該当する方
  1. 3 大都市圏内の都市地域並びに札幌市、仙台市、新潟市、相模原市、静岡市、浜松市、京都市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市及び熊本市のうち条件不利地域以外の地域に生活の拠点を置く方で、任用の日以降に生活の拠点を本町へ移し、住民票を異動させる方
  2. 本町以外において地域おこし協力隊員として同一地域での活動経験が2年以上あり、かつ委嘱期間終了後1年以内の方であって、任用の日以降に生活の拠点を本町へ移し、住民票を異動させる方
  3. 語学指導等を行う外国青年招致事業(以下「JETプログラム」という。)の参加者としての活動経験が2年以上あり、かつ、JETプログラム終了後1年以内の方であって、任用の日以降に生活の拠点を本町へ移し、住民票を異動させる方
  4. 海外に在留し市町村が備える住民基本台帳に登録されていない方であって、任用の日以降に生活の拠点を本町へ移し、住民票を異動させる方  
  • 普通自動車運転免許を所有または取得見込みの方
  • 心身が健康で、誠実に活動を行うことができる方
  • 地域の活動に積極的に参加できる方
  • 他の地域おこし協力隊と連携・協力し活動できる方
  • 業務に必要なパソコン操作(エクセル・パワーポイント・インターネット等)ができる方
  • 任期終了後、紀北町において、定住、起業・継業に意欲のある方
  • 地方公務員法及び町の条例、規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
  • 地方公務員法第16条の欠格条項に該当しない方

採用予定日

令和4年12月(予定)※着任時期については、相談に応じます。

雇用形態及び期間

  • 「紀北町地域おこし協力隊設置要綱」に基づき町長が委嘱し、地方公務員法第22条に規定する会計年度任用職員とします。
  • 初年度の委嘱期間は委嘱の日から令和5年3月31日までとします。
  • 次年度以降の委嘱については、活動状況や実績等を勘案し、委嘱期間を1年間延長することができ、最長3年間とします。

受付期間

令和4年8月1日(月曜日)から令和4年9月20日(火曜日)

提出書類

  1. 様式1 紀北町地域おこし協力隊応募用紙 Word PDF
  2. 様式2 紀北町地域おこし協力隊活動目標 Word PDF
  3. 住民票抄本

 

※応募にあたっては上記の募集要項を必ずご確認ください。

※応募書類は返却いたしません。また、提出された個人情報については、本応募のみに使用し、その他の用途には使用しません。

応募方法

提出書類を紀北町役場企画課窓口へご持参いただくか、下記送付先まで送付してください。

 

【送付先】

〒519-3292

三重県北牟婁郡紀北町東長島769番地1

紀北町役場 企画課 地域おこし協力隊担当者 宛て

 

※持参の場合は、上記期間の午前8時30分から午後5時までに紀北町役場企画課窓口へ提出(ただし、土・日曜日、祝日、閉庁日は除く)

※郵送の場合は、受付期間最終日必着

選考方法

【第1次審査】

書類選考の上、結果を令和4年9月下旬ごろに応募者全員に文書で通知します。

【第2次審査】

第1次審査合格者については、個人面接を行います。

なお、2次審査に要する交通費等は個人負担となります。

第2次審査実施日:令和4年10月31日(月曜日)

最終選考結果の報告

決定後、本人に郵送にて通知します。(令和4年11月上旬ごろ)

待遇・福利厚生等

  • 月額報酬:275,000円※1
  • 休日:土日祝日・年末年始(12月29日~1月3日)※2
  • 勤務時間:8:30~17:00(1日につき7時間30分)
  • 年次有給休暇及び特別休暇あり
  • 健康保険、厚生年金保険及び雇用保険へ加入
  • 年1回の一般健康診断を実施します。
  • 住居は地域おこし協力隊員用住宅を利用することができます。※3
  • 転入等にかかる当町までの交通費、引越しに必要な費用は個人負担となります。
  • 業務中に必要となるパソコン等の機器については、町が貸与いたします。ただし、業務場所での使用とし、自宅等への持ち帰りは認められません。
  • 業務に要する備品等は当町が準備し、旅費は当町が負担します。また、業務用に公用車を貸与し、燃料費は当町が負担します。
  • 業務に支障がなければ、地域協力活動に関連しているもの、定住に向けた基盤づくりに関連しているものについては、業務時間外での兼業を認めます。

※1 その他賞与、時間外手当、退職手当等は支給しません。

※2 業務上、土日祝日に出勤する場合があり、平日の勤務時間に振替対応となります。

※3 使用料はかかります。共益費、光熱水費等は個人負担です。

この記事に関するお問い合わせ先

企画課
電話番号:0597-46-3113
ファックス:0597-47-5908

メールフォームによるお問い合わせ