紀北町の結婚・妊娠・子育て支援

更新日:2020年04月08日

結婚

結婚新生活支援事業費補助金

紀北町では、婚姻後町内に住居を構える方に対して、その住居費及び引っ越し費用の一部を助成します。(所得制限等の条件有り)

妊娠

親子の写真

特定不妊治療

特定不妊治療、不育症治療、一般不妊治療を受けた夫婦に対し、費用の一部を助成します。(所得制限等の条件有り)

妊娠したら

母子健康手帳を交付し、妊婦一般健康診査の助成を14回行います。

子育て

お子さんが生まれたら

検診一覧表
種別 対象者 内容
こんにちは赤ちゃん訪問 生後4か月までの乳児がいる家庭 赤ちゃんの発育状況の確認、お母さんの育児等の相談、子育て支援の情報提供等を行います。
ブックスタート事業 生後4か月までの乳児 赤ちゃんに絵本をプレゼントし、赤ちゃんと保護者が絵本を介して「温かくて楽しい言葉のひととき」を持つことを応援します。
すくすく子育て相談 乳幼児とその保護者 お子さんの成長・発達に関すること、離乳食、予防接種に関すること、仲間づくり等について相談に応じます。
離乳食教室 乳幼児の保護者 離乳食の進め方や調理実習などを行います。
歯みがき教室 乳幼児とその保護者 むし歯予防についての話や、ブラッシング指導を行います。
乳児健診 4か月児・10か月児 乳児一般健康診査を行います。県内各医療機関で受けることができます。
1歳6か月児健診 1歳6~8か月児 身体計測や発達確認、小児科診察、歯科健診、フッ素塗布などを行います。また栄養相談や子育て相談もあり、専門家に気軽に相談できる場を提供しています。
3歳6か月児健診 3歳6~8か月児 1歳6か月児検診のものに合わせて、3歳6か月児検診には、耳と目のアンケートと尿検査があります。
2歳6か月児歯科健診 2歳6~8か月児 歯科健診、歯みがき指導、栄養相談、フッ素塗布などを行います。

 

歯磨きの写真

予防接種助成制度

定期予防接種(無料)に加えて、任意予防接種のおたふくかぜ、ロタウイルス予防接種について一部助成します。

(令和2年10月~ロタウイルス予防接種は、定期予防接種(無料)になります。)

 

福祉医療費助成制度

病院、保険薬局等を受診した際、それぞれの保険対象医療の自己負担相当額を助成します。(所得制限有り)

 

子ども医療費助成制度

〈対象範囲〉

(1)通院 0歳から15歳になった日以降の 初めての3月31日までの間にいる子ども

(2)入院 0歳から18歳になった日以降の初めての3月31日までの間にいる子ども(婚姻された方は除く)

芋ほりの写真

保育料の軽減(同一生計のきょうだいがいる場合)

第三子以降:無料、第二子:半額(所得制限有り)

 

保育園児の副食費の無償化

3歳~5歳のすべての子どもの副食(おかず・おやつ等)費を無償化しています。

 

給食費の補助

第三子以降:全額補助(保護者に扶養されている子が3人以上いる世帯)、第二子:半額補助(幼稚園児のみ)

 

入学用品支給(小学校入学時)

1万5千円分の入学用品を支給します。(内容は各学校により異なる)

入学式の写真

放課後児童クラブ(学童保育)

町内2か所で受入可能。町内各小学校までお迎えします。

【月~土曜日(祝日、その他指定日を除く)】

学校終業時間~午後6時(土曜日は午前8時~午後6時)

 

地域子育て支援センター

地域の子育て家庭を支援するため、専任職員が育児相談や関係機関との連携による子育て支援を行っています。

町が実施主体となり、町内3つの児童福祉施設、医療施設に委託しています。

 

バス通学費補助

三重県立尾鷲高等学校へバスで通学する生徒の保護者に対し、定期乗車券購入費用の一部を補助します。

〇補助金の額:定期券購入額の5分の2に相当する額

紀北町は待機児童「ゼロ」です!

幼児のイラスト

町内には保育園(所)が7園あり、待機児童はゼロです。入園については随時受け付けています。また、幼稚園が1園、小学校9校、中学校が4校あります。(複式学級の学校もあります。)

 

なお、子育てに関する支援等については、紀北町結婚・妊娠・出産・子育て応援サイト「きほくファミラボ」にも詳細を掲載していますのでご活用ください。  

この記事に関するお問い合わせ先

企画課
電話番号:0597-46-3113
ファックス:0597-47-5908

メールフォームによるお問い合わせ