読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします
紀北町 ホーム自然の鼓動を聞き みなが集い、にぎわう やすらぎのあるまち
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする サイト内検索
サイトマップ
TOP > 観光情報 > 紀北町観光案内 > 世界遺産 熊野古道

世界遺産 熊野古道

ツヅラト峠

かつて伊勢国と紀伊国の境であった峠。伊勢から熊野へ向かう旅の途中、はじめて熊野灘を望むことができる場所。ツヅラトとはカーブが連続する九十九折りのこと。石垣もよく保存されている。

オススメ
紀北町のまちが望める絶景ポイント

距離: 約9km(JR梅ヶ谷駅~紀伊長島駅)
時間: 4時間


荷坂峠

紀州への玄関は長らくツヅラト峠であったが、江戸時代初期に紀州徳川家の藩祖・頼宣公が入国して以来、東よりの荷坂峠越えが正式ルートになった。梅ヶ谷から峠までは国道沿いを通るが、町境を越えてからは下り坂の多いコースである。途中にある沖見平からの眺めは素晴らしく、ツヅラト峠と同様、紀伊の海が下方に広がっている。春に咲くオンツヅジの花も美しい。

オススメ
春のオンツツジをはじめとして季節ごとに楽しめる花々

距離: 約8km(JR梅ヶ谷駅~紀伊長島駅)
時間: 2時間30分


三浦峠(熊ヶ谷道)

三浦峠に至るひのき林が美しい一石峠の登り口には旅の安全を祈るがごとく温和な顔の無縁地蔵が佇んでいる。林道を下ると優美な海岸線を誇る古里海岸に出る。険しい山道の多い熊野古道の中で、この区間は旅人の心を癒してくれる平坦な海沿いの道である。古里トンネルを迂回する佐甫道ルートでは、洋々たる熊野灘の眺めも素晴らしい。

オススメ
ひのきの美林と紀伊の松島

距離: 約8km(加田協会前バス停~JR三野瀬駅)
時間: 3時間


始神峠

始神峠(はじかみとうげ)は始神さくら広場の横を通って上っていく江戸時代に出来た道と、明治時代に造られた道の二つの登り口があるが、頂上で合流している。頂上からは紀伊の松島の絶景が見渡せ、特に洋上に昇る日の出は素晴らしい。

オススメ
頂上からの紀伊の松島と、ふもとに咲き誇る約200本の桜

距離: 約5km(JR三野瀬駅~船津駅)
時間: 2時間30分


馬越峠

馬越峠(まごせとうげ)は紀北町と尾鷲市の境界にある峠で天狗倉山(てんぐらさん)と便石山(びんしやま)の間に位置する。峠越えの古道は桧の美林とシダに囲まれて約2kmにわたり石畳が良好に保存されており、在りし日の様子が偲ばれる。峠から天狗倉山の山頂へと向かえば、熊野灘の絶景が見渡せる。

オススメ
ひのきの美林と苔むした石畳

距離: 約5km(道の駅海山~JR尾鷲駅)
時間: 2時間30分


宮谷池

夜泣き地蔵

語り部のご案内

熊野古道の歴史や文化、自然などを知りつくした「語り部」と一緒に歩くことで、まったく違った道に見えることでしょう。ぜひ一度語り部とともに熊野古道を歩き、巡礼の道を体感してみませんか。

問合せ:東紀州地域振興公社
TEL 0597-23-3784
語り部1人当たり5,000円(20名まで)

シャトルバスのご案内

熊野古道伊勢路へ便利でお得な直行バス「熊野古道シャトルバス」が運行されています。名古屋駅出発で、各峠の登り口、降り口に停車して熊野古道を楽しんでいただけます。予約が必要となりますが、1名様からでも出発しておりますので、ぜひご利用ください。

※運行日時など詳しくは下記のリンクをご覧ください。

問合せ:(株)観光販売システムズ
TEL 052-561-5100
http://www.kumanokodo-bus.jp/(外部リンク)

料金:名古屋
大人往復5,000円
小人往復2,500円


ページのTOPへ▲