読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします
紀北町 ホーム自然の鼓動を聞き みなが集い、にぎわう やすらぎのあるまち
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする サイト内検索
サイトマップ
TOP > 行政情報 > 役場からのおしらせ > 訴訟関係 > 損害賠償等請求事件の第一審判決について

役場からのおしらせ

損害賠償等請求事件の第一審判決について

    長年にわたり多くの皆さまにご心配をおかけしてきた損害賠償等請求事件の第一審判決が、平成25年7月11日、津地方裁判所で言い渡されました。
   これまで、多く方々のご支援・ご協力を賜りましたこと深く感謝申し上げます。 

判決内容としましては、これまで、原告の主張する巨額の逸失利益の請求は、町が訴訟代理人とともに調査してきた中で、全く根拠はないと述べてきたとおり、損害賠償等請求事件の第一審判決では、原告が主張する逸失利益49億6,307万493円については、すべて認められませんでした。
また、実損害として主張していた8億4,553万5,000円についても、土地購入費用6億5,000万円、事業を行うための事前準備費用1億2,910万円は認められませんでした。
この点につきましては、今回の判決内容を大いに評価しているところです。
しかしながら、前訴訟との関係から、施設の設計及び建築確認等の費用、6,643万5,000円のみが認められました。
そして、弁護士費用については、損害額の1割に相当する664万3,500円のみが認められ、賠償額としては、7,307万8,500円と遅延損害金を支払わなければならないという判決でした。
 原告の主張する巨額の逸失利益等は棄却されましたが、支払を命じられた実損害の一部につきましても、全く根拠のないものと考えております。
また、事実認定において、一部町の主張が認められなかったことにつきましても、承服できるものではありませんでした。
このことから、7月18日に名古屋高等裁判所に控訴いたしました。
 
裁判は高裁へと移りますが、これまで一貫して述べてきた町の主張が全面的に認められるよう、訴訟代理人とも十分協議して頑張ってまいりますので、引続きご指導・ご支援の程、宜しくお願い申し上げます。
 

平成25年7月18日      
紀北町長 尾上 壽一