読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします
紀北町 ホーム自然の鼓動を聞き みなが集い、にぎわう やすらぎのあるまち
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする サイト内検索
サイトマップ

国民健康保険

加入する方

勤務先の保険に加入している方や生活保護を受けている方以外は、必ず国民健康保険(国保)に加入しなければなりません。

主な届出

国民健康保険に加入するとき、もしくはやめるときは、14日以内に届出をしてください。

このようなとき 必要なもの
国保に加入するとき 他市区町村から転入して来たとき 印鑑
転出証明書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
※転入手続きをとってください
他の健康保険をやめたとき 印鑑
職場の健康保険をやめた証明書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
子どもが生まれたとき 印鑑
国民健康保険証
母子健康手帳
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
生活保護を受けなくなったとき 印鑑
保護廃止決定通知書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
国保をやめるとき 他市区町村へ転出するとき 印鑑
国民健康保険証
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
他の健康保険に加入したとき 印鑑
国民健康保険証
加入した健康保険の保険証
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
生活保護を受けるようになったとき 印鑑
国民健康保険証
保護開始決定通知書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
死亡したとき 印鑑
国民健康保険証
死亡を証明するもの
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
その他 退職者医療制度に該当したとき 印鑑
国民健康保険証
年金証書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
住所、氏名、世帯主が変わったとき 印鑑
国民健康保険証
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
国民健康保険被保険者証を紛失したとき 印鑑
本人確認ができるもの(運転免許証等)
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
修学などにより住所を他の市町村に移したあとも引き続き従前の保険証を使うとき 印鑑
国民健康保険被保険者証
在学証明書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの

 

交通事故等による国民健康保険の使用について

 紀北町の国民健康保険に加入されている方が、交通事故等第三者の行為による負傷の治療に保険証を使用する場合は、住民課・国保年金係へ届出が必要です。

 本来、被害者に過失がない限り、加害者が医療費の全額を負担することになりますが、一時的に国保が立て替え払いをし、後日加害者に請求することになります。

 届出書類は、三重県国民健康保険団体連合会のホームページからダウンロードできます。

三重県国民健康保険団体連合会(外部リンク) 

主な給付

病気やケガでお医者さんにかかるとき、医療機関の窓口で国民健康保険証を提示すれば、かかった医療費の一部を支払うだけで、残りは国民健康保険が負担します。なお、70歳以上の方は「国民健康保険高齢受給者証」もあわせて提示してください。

○かかった医療費のうち、加入者が窓口で支払う負担は次のとおりです。
年齢別医療費割合の負担

義務教育就学前 義務教育就学以上~69歳 70~74歳
医療費の2割 医療費の3割

医療費の2割【注1】

(現役並み所得者は3割)

【注1】昭和19年4月1日以前に生まれた方は特例措置により「1割」。
※満75歳以上の方は、後期高齢者医療制度により医療を受けます。

○払い戻しが受けられます。
次のような場合、費用の全額を加入者が支払った後で、申請によって、あとから払い戻しが受けられます。

内容 申請に必要なもの
出先などでの急なケガや病気などで、保険証を持たずに医療を受けたとき 印鑑
預金通帳
国民健康保険証
医療内容明細書
領収書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
骨折、捻挫などの時の柔道整復師の施術代 印鑑
国民健康保険証
医師の証明書
領収書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
医師が治療上必要と認めたあんま、はり、灸、マッサージ代 印鑑
国民健康保険証
施術内容と費用が明細な領収書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
療養の給付が受けられない輸血の生血代など 印鑑
預金通帳
国民健康保険証
医師の診断書
生血液受領証明書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
コルセットなどの治療装具代
(医師が必要と認めたとき)

療養費支給申請書
印鑑
預金通帳
国民健康保険証
医師の証明書
領収書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの

海外で医療を受けたとき 印鑑
預金通帳
国民健康保険証
医療内容明細書など(外国語の場合は翻訳文)
領収書
パスポート
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの

その他、このような給付や賃付制度があります。

○給付

項目 内容 必要なもの
高額療養費 医療機関で支払った一部負担金が限度額を超えたとき、申請すれば超えた分が高額医療費として支給されます。 印鑑
預金通帳
国民健康保険証
領収書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
高額医療・高額介護合算療養費 医療と介護で支払った一部負担金の合計が限度額を超えたとき、申請すれば超えた分が高額医療・高額介護合算療養費として支給されます。 印鑑
預金通帳
国民健康保険証
介護保険証
自己負担額証明書(加入している保険に変更のあった方)
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
出産育児一時金 国保の被保険者が出産したときに、39万円(産科医療補償制度に加入する医療機関等で出産した場合は42万円)支給されます。 印鑑
預金通帳
国民健康保険証
領収書
母子健康手帳
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
葬祭費 国保の被保険者が死亡したときに、葬儀を行なった方に5万円支給されます。 印鑑
預金通帳
国民健康保険証
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
移送費 移動が困難な患者が医師の指示で、入院・転院のために移送されたとき(国保が必要と認めたときに限る)に支給されます。 印鑑
預金通帳
国民健康保険証
領収書
医師の意見書
個人番号の通知カードまたは個人番号カード
本人確認のできるもの
訪問看護療養費 医師の指示で在宅医療を受ける方が、訪問看護などを利用したときも、一部負担金を支払うだけで診療が受けられます。 訪問看護ステーションに直接、国民健康保険証を提示してください。

 

特定健康診査・特定保険指導

メタボリックシンドロームを予防するために特定健康診査・特定保健指導が実施されています。
40歳から74歳の医療保険に加入しているすべての人が対象となります。

項目 内容
特定健康診査 対象者には、生活習慣病の該当者や健康を害する恐れのある予備軍を減少させるため、メタボリックシンドロームに着目した検査項目の特定健康診査が行われます。
特定保健指導 特定健康診査の結果、メタボリックシンドロームやその予備軍と診断された方には、生活習慣の改善のための特定保健指導が行われます。

国民健康保険料

国民健康保険料は、次の方法によって世帯単位で計算された額を、世帯主が納付義務者となり、納めます。

【世帯の年間保険料】
(1)所得割額(所得に応じて計算) (2)資産割額(資産に応じて計算) (3)均等割額(国民健康保険の加入者数に応じて計算) (4)平等割額(1世帯に対して定額で計算) 以上を合計した金額が、年間の国民健康保険料となります。

国民健康保険の資格発生などと保険料納付

国民健康保険の届出が遅れると

○転入や他の健康保険をやめた時など、届出が遅れても、資格のできた月にさかのぼって国保料を納めることになります。また、その間の医療費は全額、自分で負担していただくことになります。
○国保の資格がなくなっているのに、喪失の届出をしないでいると、国保の保険証を使ってしまうことがあります。その場合は、国保が支払った医療費を後で返していただくことになります。

国民健康保険料を滞納すると

 従来の保険証を返していただき、「短期被保険者証」の交付を受けます。滞納期間が1年以上になると「被保険者資格証明書」の交付を受け、医療費は全額自己負担となります。
納付が困難なときは、滞納をしてしまう前に、本庁住民課 国保・年金係または海山総合支所住民室 国保・年金係までご相談ください。

※納期限は毎月25日です。ただし納期限が休日の場合は翌日になります。
※国民健康保険は、被保険者の皆さんの保険料によって運営されていますので、必ず納付期限までに保険料を納めましょう。
※お支払いは口座振替をご利用いただくと便利です。

 

国民健康保険高額療養費の自己負担限度額の変更について

  
平成30年8月1日より、70歳以上の方の高額療養費の自己負担限度額が下記のとおり変更になります
 
 

平成30年7月診療分まで

 
【 】内は、過去12か月以内に4回以上該当した場合の4回目以降の金額 

 

平成30年8月診療分~


【 】内は、過去12か月以内に4回以上該当した場合の4回目以降の金額
※年間上限額は、8月1日から翌年731日までの自己負担の累計額に対して適用

  

注意事項

住民税非課税世帯の方と70歳未満の方の限度額に変更はありません。

 

 

お問い合わせ
紀北町役場 住民課 TEL 0597-46-3117
海山総合支所 住民室 TEL 0597-32-3902
引本出張所   TEL 0597-32-0528
船津出張所   TEL 0597-35-0004
桂城出張所   TEL 0597-39-0004


 

ページのTOPへ▲