読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします
紀北町 ホーム自然の鼓動を聞き みなが集い、にぎわう やすらぎのあるまち
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする サイト内検索
サイトマップ
TOP > くらしの情報 > 生活環境 > 浄化槽の設置

生活環境

浄化槽の設置

浄化槽とは

 浄化槽は、トイレ、台所、風呂場、洗面所などからの生活排水を、微生物の働きを利用してきれいにする施設で、『合併処理浄化槽』ともよばれ、現在、浄化槽法において「浄化槽」として規定されているのは、この『合併処理浄化槽』になります。
   トイレからの汚水しかきれいにしない浄化槽は『単独処理浄化槽』とよばれていますが、
浄化槽法の改正により、平成13年4月1日より新たに設置することを禁止されています。

浄化槽の処理能力

 日常発生する生活排水には、一日一人当たり40gの汚濁物質が含まれています。

《生活排水の標準的な水量と水質》

  汚水量
(リットル/人・日)
BOD負荷量
(グラム/人・日)
BOD濃度
(ミリグラム/リットル)
トイレ 50 13 260
生活雑排水 台所 30 18 600
洗濯 40
風呂 50 9 75
洗面 20
掃除、雑用 10
200 40 200

合併処理浄化槽

 トイレ排水だけではなく、家庭からでる生活雑排水もいっしょに処理できる装置で、汚濁物質を90%以上取り除き、きれいになった水を公共用水域へ排出します。
一日一人当たり40gの汚濁物質を4gまで取り除く計算になります。

※BOD(生物化学的酸素要求量)・・・
水の汚れ度合いを表す指標のひとつ。水の有機性の汚れをバクテリアが食べて分解するために必要な酸素の量のことで、水が汚れていればそれだけ酸素の量が必要になり、BODの値も高くなります。

単独処理浄化槽

 トイレから出る汚濁物質を取り除きますが、65%の処理能力しかありません。
また、トイレ以外の生活雑排水は全く処理されませんので、最終的には32gの汚濁物質が排出されてしまいます。

汲み取り便所

 トイレから出る汚濁物質は、し尿処理場で処理されますが、生活雑排水は単独処理浄化槽と同様、そのまま公共用水域に排出されます。

 このように、合併処理浄化槽は単独処理浄化槽と比較して、環境にやさしい施設といえます。
現在紀北町では、合併処理浄化槽の普及率は27%程度と低い状態にあります。このままですと、河川などに汚濁物質が堆積し続け、悪臭の発生につながります。
よりきれいな水環境を守るために、合併処理浄化槽を設置し、水質浄化にご協力をお願いします。

浄化槽設置整備補助金制度

 紀北町の区域内において、主に居住を目的とした住宅に10人槽以下の浄化槽を設置する方に対して、予算範囲内で補助金を交付する制度です。
補助金は、人槽区分に応じて次の額を限度に交付します。

 費用区分
人槽区分
設置費限度額
転換費限度額
 設置費   5人槽以下 168,000円  332,000円 
  6~7人槽 207,000円  414,000円 
  8~10人槽 276,000円  548,000円 
 撤去費 ※ 90,000円 
 配管費 ※ 60,000円 

※撤去費・・・・単独槽から合併槽へ転換時
※配管費・・・・くみとり、単独槽から合併槽へ転換時

但し、浄化槽法に基づく設置の届出の審査、又は建築基準法に基づく確認を受けずに浄化槽を設置する場合や、補助事業の年度内に浄化槽を設置することができない場合などは、補助金を交付できません。

 

※補助金の交付には、補助申請、実績報告が必要になります。
詳細は本庁環境管理課または、海山総合支所福祉環境室までお問い合わせください。

浄化槽の維持管理

 浄化槽は微生物の働きを利用して汚れた水をきれいにするため、維持管理が非常に大切になってきます。
維持管理がしっかり行われていないと、悪臭が発生し周囲に迷惑をかけることになり、河川などの水質悪化を招く原因にもなってしまいます。このため浄化槽の使用者には、『保守点検』『清掃』『法定検査』を定期的に行うことが法律により義務付けられています。

保守点検

 浄化槽の機能が良好な状態で維持されるように、汚泥や微生物の管理、槽内の装置や付属機器の点検、調整、修理を行います。点検回数は、浄化槽の形式等により違いはありますが、一般家庭の浄化槽で4ヶ月に1回必要になります。
保守点検には資格が必要になります。(三重県知事の登録を受けた保守点検業者へ依頼して実施してください)

外部リンク:三重の環境「浄化槽保守点検業者名簿(紀北町)」(http://www.eco.pref.mie.lg.jp/earth/100150/jokaso/hosyutenken_meibo/27kihoku.pdf)

清掃

 浄化槽の機能を十分に発揮させるため、槽内にたまった汚泥、異物等の引出し及び機器類の洗浄、清掃を行う作業です。清掃をしない浄化槽では、槽内が汚泥であふれ、浄化機能が著しく低下し、浄化されない汚れた水が排出されてしまう可能性があります。年1回以上必要になります。

 し尿処理(くみ取り)及び浄化槽汚泥収集運搬は、許可業者と営業地域が指定されていますので、次の表を参考にしてください。

し尿処理及び浄化槽清掃許可業者および指定地域

許可業者 電話番号 営業地域
(有)クリーン長島 0597-47-4730 紀伊長島地区内
(有)海山環境衛生 0597-32-1616 海山地区内

法定検査

 浄化槽の保守点検、清掃が適切に実施され、浄化槽の機能が正常に維持されているか否かを確認する検査です。浄化槽法では浄化槽管理者は、浄化槽の使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月間の期間に行う水質に関する検査(第7条検査)と、その後、年に1回行う定期検査(第11条検査)を受検することと定めています。
この検査は知事が指定した指定検査機関により実施されます。三重県では下記になります。

三重県知事指定・浄化槽法定検査機関
一般財団法人 三重県水質検査センター 津市栄町三丁目119番地 TEL 059-213-0707

日常の管理

 浄化槽の機能を適正に保つためには、日常の正しい使用方法が大切です。

  • 槽内の微生物に過度の負担を与えたり、死滅させたりしない。
    ・殺虫剤や劇薬、異物を混入させないこと。
    ・トイレ掃除の際は、中性洗剤を使用し、多めの水で洗い流すこと。
    ・トイレで使用する水は適正量とすること。
    ・電気設備の電源を切らないこと。
  • 合併処理浄化槽では、次のことにも注意が必要です。
    ・台所から食用油や、残飯を直接流さないこと。  
    ・台所や、風呂場で過度の洗剤使用をしないこと。

浄化槽の設置・廃止

■浄化槽を設置する場合  

 設置には必ず届出が必要です。必要な書類をそろえ4部提出してください。

  • 新築などで建築確認申請を伴う場合は、「浄化槽調書」を建設課へ提出してください。
  • 建築確認申請を伴わない新築や改築などは、「浄化槽設置届出書」を環境管理課へ提出してください。

■浄化槽の使用を開始する場合、浄化槽を廃止する場合  

 使用開始、廃止の場合は、三重県に届出が必要です。それぞれの報告書の提出先は、紀北地域活性化局環境室です。

  • 使用開始の場合は「浄化槽使用開始報告書」
  • 使用廃止の場合は「浄化槽使用廃止届出書」
●「PDFファイル形式」の画面表示や印刷にはAdobe社のAcrobat Reader(無料)が必要です。
※お持ちでない方は以下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader
※印刷の際には、ブラウザの印刷機能ではなく、アドビリーダーの印刷機能(ボタン)をご使用ください。

 

お問い合わせ
紀北町役場 環境管理課 TEL 0597-46-3121
海山総合支所 福祉環境室 TEL 0597-32-3904

ページのTOPへ▲