読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします
紀北町 ホーム自然の鼓動を聞き みなが集い、にぎわう やすらぎのあるまち
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする サイト内検索
サイトマップ
TOP > くらしの情報 > 福祉医療・後期高齢者医療 > 福祉医療費助成制度

福祉医療・後期高齢者医療

福祉医療費助成制度

障がい者、一人親家庭等、子どもの病気やケガの治療に対して、その医療費の自己負担を助成する制度です。

制度 対象者 どこへ 必要なもの 備考
心身障がい者医療 身体障害者手帳1~3級の方
知能指数が35以下の方または療育手帳の障害程度が最重度(A1)・重度(A2)の方
身体障害者手帳4級の方で、知能指数が50以下の方または療育手帳の障害程度が中度の方
精神障害者保健福祉手帳1級の方(通院のみ)
本庁住民課 国保・年金係、海山総合支所住民室 国保・年金係

健康保険証
医療助成費の振込先の通帳
印鑑
身体障害者手帳、療育手帳もしくは精神障害者保健福祉手帳
マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載のある住民票等)

所得制限があります。
一人親( 母子・父子)家庭医療 18歳年度末(※1)の児童を扶養している一人親家庭等の母または父及びその児童
父母(両親)のいない18歳年度末までの児童
健康保険証
医療助成費の振込先の通帳
印鑑
マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載のある住民票等)

 

子ども医療

通院  出生から15歳年度末(※2)までの児童        

入院(※3)出生から18歳年度末までの児童(婚姻された方は除く)

健康保険証
医療助成費の振込先の通帳
印鑑
マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載のある住民票等)

 

(※1) 18歳年度末児とは、18歳に到達する年度の末までの児童をいいます。

(※2) 15歳年度末児とは、15歳に到達する年度の末までの児童をいいます。

(※3) 中学校卒業後の入院は、申請が必要です。

 

助成対象医療費

 

 病院、調剤薬局等での通院・入院にかかる保険対象医療の自己負担相当額

  

精神1級については通院のみ助成します。

 

(保険対象外の医療、入院に伴う食事代、差額ベッド代等は除きます)

 

 

申請方法

県内の医療機関で受診された場合

医療機関の窓口で健康保険証と一緒に受給資格者証を提示し、自己負担金をお支払いください。

 

県外の医療機関で受診された場合

医療機関の窓口で自己負担金をお支払いください。後日次のものをお持ちの上、本庁住民課または海山総合支所住民室の窓口で申請してください。

・県外で受診した医療機関の領収書

・印鑑(認印)

・保険証

・受給資格者証

 

中学校卒業後に入院された場合(子ども医療費のみ)

平成26年9月1日から、中学校卒業後の入院について助成をします。(婚姻された方は対象となりません)

退院後、次のものをお持ちの上、本庁住民課または海山総合支所住民室の窓口で申請してください。

・入院時の領収書

・振込先の通帳

・お子様の保険証

・印鑑(認印)

・マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載のある住民票等)

※中学校を卒業された方には、受給資格者証を発行していませんので申請が必要です。

 

助成方法

一旦、医療機関の窓口で自己負担金をお支払いいただき、後日指定された口座へ振り込みます。

医療費助成は、毎月1回行います。

 

受給資格者証の更新

毎年9月に所得による資格判定を行います。

所得が制限額を超過した場合は、1年間資格を喪失します。

 

注意事項

①加入している健康保険証や振込先の口座に変更があった場合は、必ず本庁住民課または海山総合支所住民室へ届出をしてください。

②交通事故の被害者が加害者の自動車保険による医療費の支給を受けた場合、スポーツ振興センター災害共済給付が適用される場合などは助成の対象となりません。

③転出等により資格を喪失した時は、受給者証を返還してください。

④転入された方については、1月1日時点で住民票があった市区町村で所得課税証明書を取得していただき、提出していただきます。

 

 

 

平成26年9月1日より子ども医療費助成制度の対象範囲を拡大しました

新たに対象となる方

平成26年9月1日時点で

通院・・・中学校1年生~3年生(15歳年度末)

入院・・・中学校卒業後の4月1日から18歳に到達する年度の末に属する方(婚姻された方は対象となりません)

新たに対象となる医療費

中学校1年生~3年生(15歳年度末)・・・・・・・・・・・・・平成26年9月1日以降の通院にかかる自己負担相当分の医療費

中学校卒業後~18歳年度末・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平成26年9月1日以降の入院にかかる自己負担相当分の医療費

(保険対象外の医療、入院に伴う食事代、差額ベッド代等は除きます)

 

 

 

お問い合わせ
紀北町役場 住民課 TEL 0597-46-3117
海山総合支所 住民室 TEL 0597-32-3902


 

ページのTOPへ▲