読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします
紀北町 ホーム自然の鼓動を聞き みなが集い、にぎわう やすらぎのあるまち
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする サイト内検索
サイトマップ
TOP > くらしの情報 > 育児・健康 > 予防接種

育児・健康

予防接種

乳幼児~20歳未満

(1三重県内の予防接種協力医療機関で個別に受けてください。(定期予防接種)

種別 対象 実施時期 接種方法

四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)

生後3月~90月未満の児 随時 初回接種 3~8週間の間隔で3回接種
追加接種 初回3回終了後1年~1年半後に1回接種
BCG(結核) 生後1歳未満の児 随時 1回接種
(標準的な接種期間)
生後5月~8月に達するまで
二種混合(ジフテリア・破傷風) 11歳~13歳未満 随時 2期 1回接種(標準的な接種期間)
小学6年生
MR(麻しん・風しん) 1期 生後12月~24月未満の児

 

2期 5歳~7歳未満の児で、小学校就学前1年間
随時

1期1回と2期1回の合計2回接種

水ぼうそう(水痘) 生後12月~36月に至るまでの間にある児
※これまでに任意で接種された回数を数えます。
水ぼうそうを発症した方は対象外となります。
随時

2回接種

初回接種は生後12月~15月に至るまでの間に1回。追加接種は初回接種終了後、3月以上、標準的には6月~12月までの間隔をおいて1回

日本脳炎 1期初回 生後6月~90月未満の児

 

1期追加 生後6月~90月未満の児(1期初回終了後おおむね1年おく)

 

2期 9歳以上13歳未満の児
随時

1期3回と2期1回の合計4回接種
(標準的な接種期間)
1期初回:3歳~4歳に達するまでに2回
1期追加:4歳~5歳に達するまでに1回
2期:9歳~10歳に達するまでに1回

日本脳炎(特例措置) 平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれ 随時 20歳未満の間に1期3回
と2期1回の合計4回接種
の不足回数を接種
平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれ 9~13歳未満の間に1期3回
の不足回数を定期として接種
ヒブワクチン 生後2月~60月未満の児 随時 (標準的な接種期間)
開始が生後2月~生後7月未満:
生後12月に至るまでに初回3回、初回3回接種終了後7月以上で追加1回接種
※初回接種開始月齢が7月以降や、2回目3回目の接種時期により接種回数が異なるため、主治医に相談してください。
小児用肺炎球菌ワクチン 生後2月~60月未満の児 随時 (標準的な接種期間)
初回接種開始時に生後2月~7月未満:
生後24月に至るまでの間に初回3回(2回目の接種は12月までに終了)、初回接種3回終了後60日以上の間隔をおいて生後12月以降に追加1回接種。
※接種開始月齢が生後7月以降や、2回目3回目の接種時期により接種回数が異なるため、主治医に相談してください。     
B型肝炎 生後1歳未満の児 随時 3回接種
(標準的な接種期間)
生後2月から生後9月に至るまで(1回目の接種から27日以上あけて、2回目、1回目の接種から139日以上あけて3回目を接種)
子宮頸がん予防ワクチン 小学校6年生から高校1年生相当の女子 随時 3回接種
(標準的な接種期間)
中学生1年生の間
2価ワクチン(サーバリックス)を接種する場合:1回目を0月として以降1、6月後
4価ワクチン(ガーダシル)を接種する場合:1回目を0月として以降2、6月後
※2つのワクチンの互換性に関する安全性・友好性等のデータが存在しないため、同一のワクチンを3回続けて接種すること

※県外での接種を希望される方は、本庁福祉保健課地域保健係にご連絡ください。

 

 

 

(2)おたふくかぜ、ロタウイルス予防接種費の一部助成について(任意予防接種)

 紀北町では、おたふくかぜ、ロタウイルスの予防接種を受けた方への一部助成を実施しています。 

助成の対象となる方 

紀北町に住所を有する次の方

種類 年齢
おたふくかぜ 満1歳から就学前までの幼児
ロタウイルス

1価ワクチン(ロタリックス):生後6週から24週未満の乳児

5価ワクチン(ロタテック):生後6週から32週未満の乳児

 

助成金額  

種類 助成金額 回数
おたふくかぜ 2,000円 1回分
ロタウイルス

20,000円          

1価ワクチン(ロタリックス):2回分(1・2回目各10,000円を助成します)。

5価ワクチン(ロタテック):3回分(1・2回目各7,000円、3回目6,000円の計20,000円を助成します)。

 ※助成の手続きは、2回または3回の接種終了後にお越しください

 

申請方法

【申請窓口】  
紀北町役場福祉保健課地域保健係
TEL 0597-46-3122
紀北町役場海山総合支所福祉環境室福祉保健係   
TEL 0597-32-3904
【申請に必要な物】
①ワクチン接種の領収書
②問診票のコピー(医師発行)
③印鑑
④通帳(保護者名義)
・接種を受けた年度の3月31日までに申請を行ってください。
・申請時、窓口において「紀北町予防接種費助成金申請書兼請求書」に記入していただきます。
・申請後、指定の口座に振り込みます。
・「申請書兼請求書」は、下記よりダウンロードできます。


紀北町予防接種費助成金申請書兼請求書【PDFファイル190KB】

  

高齢者

(1) 三重県内の予防接種協力医療機関で個別に接種してください。(定期予防接種)
       紀北町・尾鷲市以外の医療機関で接種を希望される方は、福祉保健課地域保健係にご連絡ください。

種別 対象 実施時期 備考
高齢者インフルエンザ 65歳以上の方
60歳以上65歳未満の方のうち、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障がいを有する方
平成29年10月15日
~平成30年1月31日(予定)
自己負担金あり
(生活保護者は無料)
健康保険証、健康手帳またはお薬手帳をお持ちください。
高齢者肺炎球菌ワクチン  
年令 生年月日
65歳 昭和27年4月2日生~昭和28年4月1日生
70歳 昭和22年4月2日生~昭和23年4月1日生
75歳 昭和17年4月2日生~昭和18年4月1日生
80歳 昭和12年4月2日生~昭和13年4月1日生
85歳 昭和7年4月2日生~昭和8年4月1日生
90歳 昭和2年4月2日生~昭和3年4月1日生
95歳 大正11年4月2日生~大正12年4月1日生
100歳 大正6年4月2日生~大正7年4月1日生

※60歳以上65歳未満の方で心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいを有する方も対象になります。

※既に肺炎球菌ワクチン(ニューモバックスNP)の接種を受けたことがある方は対象外となります。

平成29年4月1日
~平成30年3月31日
自己負担金3,000円
(生活保護者は無料)
健康保険証、健康手帳またはお薬手帳をお持ちください。

(2) 高齢者肺炎球菌ワクチン接種の一部助成について(任意予防接種)

紀北町では、高齢者肺炎球菌ワクチン接種の一部助成を実施しています。

助成の対象となる方

満65歳以上の方で、平成29年度の(1)の高齢者肺炎球菌ワクチンの対象者と平成26~28年度事業で接種を受けた方、これまで町が助成する他の事業で肺炎球菌ワクチン接種を受けた方以外

助成金額

3,000円(生涯に1回の助成です)
※申請後に口座に振り込みます。

申請方法

【申請窓口】

本庁福祉保健課 TEL0597-46-3122

海山総合支所福祉環境室 TEL0597-32-3904

赤羽出張所(老人ホーム赤羽寮内) TEL47-1830

三野瀬出張所 TEL49-3500

船津出張所 TEL35-0004

引本出張所 TEL32-0528

桂城出張所 TEL39-0004

【申請に必要な物】

  1. ワクチン接種の領収書
  2. 印鑑
  3. 通帳(本人名義)

・接種を受けた年度の3月31日までに申請を行ってください。
・申請時、窓口において「紀北町予防接種費助成金申請書兼請求書」に記入していただきます。
・申請後、指定の口座に振り込みます。
・「申請書兼請求書」は、下記よりダウンロードできます。

紀北町予防接種費助成金申請書兼請求書【PDFファイル190KB】

●「PDFファイル形式」の画面表示や印刷にはAdobe社のAcrobat Reader(無料)が必要です。
※お持ちでない方は以下のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。
Get Adobe Reader
※印刷の際には、ブラウザの印刷機能ではなく、アドビリーダーの印刷機能(ボタン)をご使用ください。

 

お問い合わせ
紀北町役場 福祉保健課 TEL 0597-46-3122
海山総合支所 福祉環境室 TEL 0597-32-3904

ページのTOPへ▲

 

  • 紀北町に住所を有する方で、ワクチン接種を受けた日に満65歳以上の方