読み上げ用スキップ設定です。このスキップから本文へジャンプします
紀北町 ホーム自然の鼓動を聞き みなが集い、にぎわう やすらぎのあるまち
  文字サイズ文字サイズを小さくする文字サイズを元に戻す文字サイズを大きくする サイト内検索
サイトマップ
TOP > くらしの情報 > 福祉・介護 > 児童福祉・母子福祉

福祉

児童福祉・母子福祉

児童手当

平成24年4月から「児童手当」制度に変わりました

 平成24年3月末で「子ども手当」が終了しました。平成24年4月からは「児童手当」制度に変わります。
平成24年3月時点で、紀北町において「子ども手当」を受けている方については、「児童手当」の認定があったものとみなされるため、改めて認定請求をする必要はありません。
出生・転入などにより、紀北町で新たに児童手当の支給対象となった場合は、出生日や転出予定日などの翌日から15日以内に認定請求の手続が必要です。

支給対象者

紀北町に住所を有し、中学校修了までの児童を養育している方

  • 父母がともに児童を養育している場合は、児童の生計を維持する程度の高い(所得の高い)方が受給者となります。
  • 児童が海外に居住している場合、留学中の場合を除き、手当の支給対象とはなりません。
  • 児童が里親委託されている場合や、児童福祉施設等に入所している場合は、里親や施設の設置者などが児童手当を受け取ることになります。
  • 父母が離婚協議中などで別居している場合は、児童と同居している人が児童手当を受け取ることになります。単身赴任などで父母の生計が同一の場合は、父母のうち生計を維持する程度の高い方が受給者となります。
  • 未成年後見人や、父母指定者(父母などが国外に居住している場合に、父母などが指定した人)についても、父母と同様の要件で児童手当を受け取ることができます。

支給額

区分 所得制限限度額未満の方 所得制限限度額以上の方
3歳未満 月額1万5,000円 月額5,000円
3歳以上で小学校修了前
(第1子・第2子)
月額1万円
3歳以上で小学校修了前
(第3子以降)
月額1万5,000円
中学校 月額1万円
第3子の数え方は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童の中で数えます。


所得制限

平成24年度6月分(10月支給分)から導入されます。

扶養親族等の数 所得制限限度額(万円) 収入額の目安(万円)
0人 622.0 833.3
1人 660.0 875.6
2人 698.0 917.8
3人 736.0 960.0
4人 774.0 1002.1
5人 812.0 1042.1

支給月

2月(10月~1月分)、6月(2月~5月分)、10月(6月~9月分)をご指定の金融口座に振り込みます。

※転出などにより、支給月が異なる場合があります。
 

申請について

このようなとき どこへ 必要なもの
手当を受けたいとき 本庁 福祉保健課
または
海山総合支所
福祉環境室福祉保健係
印鑑 請求者名義の通帳 児童手当等認定請求書 健康保険証 その他必要書類
届出内容が変わったとき 印鑑 住所変更届 氏名変更届 受給事由消滅届 児童手当等額改定請求書 その他必要書類

※受給にあたっては、所得制限があります。
※出生届や転入届を提出しただけでは受給できません。
※他市町村から転入された方は、所得証明書が必要です。
※厚生年金等の被用者年金加入者で、特例的に認定された方が退職した場合は、所得制限により給付を受けられなくなります。

児童扶養手当

対象者と支給額

対象者 支給額(月額) 支給時期
父親がいない家庭、父親が一定の障害の状態にある家庭などで、18歳未満の児童などを監護または養育している方 ○児童1人のとき
全部支給される方 41,430円
一部支給される方 41,420円から9,780円までの間で細かく設定されています。
○児童2人のとき 5,000円加算
○児童3人のとき 第3子以降1人につき3,000円加算
4月、8月、12月にそれぞれの前4か月分が支給されます。

申請について

このようなとき どこへ 必要なもの
手当を受けたいとき 本庁 福祉保健課
または
海山総合支所
福祉環境室福祉保健係
請求者名義の通帳 印鑑 児童扶養手当等認定請求書 戸籍の謄本(全部事項証明書 ※請求者と対象児童のもの) 住民票の写し(世帯全員のもの、本籍、続柄の記載があるもの) 児童扶養手当申請に関する調書 養育費等に関する申告書 その他必要書類
届出内容が変わったとき 児童扶養手当証書 印鑑 住所変更届 氏名変更届 児童扶養手当転出届 資格喪失届 支払金融機関変更届 その他必要書類

※受給にあたっては、請求者本人や扶養義務者に所得制限があります。
※18歳までを対象児童とします。
※母や養育者または児童が公的年金を受給できるようになった場合は、子の手当を受給することはできません。
また、事実婚の場合も、この手当を受給することはできません。

特別児童扶養手当

対象者と支給額

対象者 支給額(月額) 支給時期
精神や身体に障がいのある20歳未満の児童を養育している方 1級   51,500円
2級   34,300円
4月、8月、11月にそれぞれの前4か月分(11月は支払月の分まで)が支給されます。

申請について

このようなとき どこへ 必要なもの
手当を受けたいとき 本庁 福祉保健課
または
海山総合支所
福祉環境室福祉保健係
請求者名義の郵便貯金通帳 印鑑 身体障害者手帳 療育手帳 特別児童扶養手当認定請求書 診断書(用紙は町にありますので、お問い合わせください) 戸籍の謄本(全部事項証明書 ※請求者と対象児童のもの) 住民票の写し(世帯全員のもの、本籍、続柄の記載があるもの) その他必要書類
届出内容が変わったとき 特別児童扶養手当証書 証書 住所変更届 氏名変更届 特別児童扶養手当県外転出届 資格喪失届 支払郵便局変更届 再認定請求書 その他必要書類

※受給にあたっては、請求者本人やその配偶者、扶養義務者に所得制限があります。
※診断書を省略できる場合は、概ね3級までの身体障害者手帳(内部疾患を除く)を所持している方、療育手帳の「A」を所持している方で、交付2年以内の方です。
※児童が施設入所している場合は、この手当を受給することはできません。

 

お問い合わせ
紀北町役場 福祉保健課 TEL 0597-46-3122
海山総合支所 福祉環境室 TEL 0597-32-3904

ページのTOPへ▲